健康寿命を伸ばしていつまでも元気に

リハビリが行われる回復期リハビリテーション病棟では、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士など専門のスタッフがリハビリを担当する。そのため看護師の仕事は、そんなリハビリを行う患者さんの日常生活のサポートになる。たとえば、食事の介助や入浴のサポート、体位変換といったことだ。

回復期リハビリテーション病棟は、急性期病棟とは違い病状が安定した患者さんが多く、看護分野の仕事量は比較的少なくなる。看護に関する業務では、服薬管理やインスリン管理、バイタルチェックなどがある。このように介護業務や健康管理など緊急性の低い仕事が多いのが、回復期リハビリテーション病棟で働く看護師の特徴だ。

そのほか、患者さんの日常生活を日々サポートしていると、リハビリにより患者さんにも変化が起きてくる。看護師はそういう変化もしっかりと確認し、医師や療法士と情報交換を行うことも求められる。情報を共有することによって、リハビリの内容をより患者さんに合ったものへと変えるのだ。

回復期リハビリテーション病棟では、理学療法士や医師などさまざまなスタッフと連携しながら、一人ひとりの患者さんをサポートしていく。そのため、そんなチームの一員として責任を持って仕事にあたれることは、やりがいの一つといえるだろう。

また、日々患者さんと接していくなかで、リハビリにより身体機能が回復したり、それにより患者さんの気持ちも明るくなったりということもある。そんな患者さんの前向きな変化を感じ取れることも、回復期リハビリテーション病棟で働く看護師のやりがいにつながるだろう。リハビリ看護師に興味がある人は、こちらでも詳しく説明されていますのでおすすめです。