健康寿命を伸ばしていつまでも元気に

リハビリ看護師に向いている人とは

何といっても、リハビリ看護はコミュニケーション能力が求められる。患者さんは不安を抱きながらリハビリに励むのだ。故に多くの悩みを抱えている。いかに相手との距離感を上手に詰められるかが、リハビリに励む患者さんの不安を取り除く一つの方法となるだろう。また、それをナチュラルに行える方は、やはりリハビリ看護に向いている。看護師の中でも特に患者さんと接する機会の多い仕事であり、一緒にリハビリの計画も考えていくのだ。

ほかにも、自分で計画を立てられる人はリハビリに向いているだろう。ただリハビリ中の患者さんをサポートするだけでなく、どのような計画に沿ってリハビリを続けていくかも看護師の役目となるためだ。

過去の自分の経験と照らし合わせられる人にも向いている。たとえば、過去スポーツ選手として活躍し、スポーツリハビリテーションに従事するのであればより患者さんの親身になってリハビリ内容を考えられるだろう。高齢者のサポートをした経験があれば、高齢者向けのリハビリ施設で活躍できるだろう。患者さんのモチベーションを上げることに自信のある方も、リハビリ看護師として適性がある。いかに不満なくリハビリをしてもらうかがやる気を保ちつつリハビリに励むコツとなるので、相手の趣味を把握したりやりたいことを理解してあげる力に優れている人は活躍しやすい。これは勉強では身につかない知識なので、より適性が分かれやすい能力でもある。