健康寿命を伸ばしていつまでも元気に

患者さんへの接し方で必要なこと

看護師の患者さんに対する接し方で問題となりがちなのが、患者さんの意図を察することができずに起こってしまうトラブルだ。単純な行き違いだけで済むことがほとんどだが、トラブルをきっかけに患者さんが医療者に不信を抱いたりすると治療の妨げとなるので十分注意するべき問題である。たとえば手術を間近に控えた患者さんが関係のない話を長々と続けている場合、看護師はその話を遮ったりするのではなくできる限り傾聴することが必要だ。患者さんは手術に不安を感じて無意識のうちにそうしているのかもしれないし、何か話しにくい事を切り出すタイミングを図っていることも考えられ、いずれにしても対処しなければならないのは確かである。

患者さんが直接言葉にしなかったとしても、態度などで患者から何らかの違和感を感じ取ったならそれを明確化することが必要だ。その背景に何があるのかを調べるためには、患者さんをよく観察することが重要である。直接聞いてみるのも有効な方法だが、治療方針に疑問があったりしても言葉にしない患者さんも多いものだ。そのような場合には特に意識的にコミュニケーションを図ることが解決の糸口を探る上では有効である。

日々の勤務がどんなに忙しかったとしても患者さんへの接し方が少し投げやりになったり、傾聴が不十分になったりしていないかというのは定期的に自問自答することが大事だ。患者さんにとっては医師に話すよりも看護師と話すほうが心理的なハードルが低く、より気軽に話すことが可能である。患者さんが直接医師に意見を言えなかったりする場合には、看護師が積極的に患者さんと医師の間のコミュニケーションの橋渡しをすることも重要だ。